技法

Lustre Perla 307―真珠ラスター(陶磁器・硝子併用可)

2018年11月29日
/ /
Comments Closed

FERRO社製の数量限定の真珠ラスター、Lustre Perla 307の紹介です。適用焼成温度は550℃~850℃で、陶磁器・硝子の両方に使用出来ます。色調としては、虹彩の度合いが非常に強く、特徴的な装飾表現が可能です。また、耐摩耗性も良好ですので、タイル等の建材用途にも使用出来ます。

商品に関するより詳しい情報、お見積もり及びサンプルを御希望の方はお手数ですが問い合わせフォームより御連絡頂きますようお願い申し上げます。

Read More

VSA-7000を用いた金彩技法

2018年5月1日
/ /
Comments Closed

COLOROBBIA社のVSA-7000 transparent glazeを利用した金彩技法の紹介です。内装タイルや陶磁器の加飾にポイントで使用すると面白いです。

まずは、あらかじめ焼き締まった素地に対して、このVSA-7000を塗布して930-960℃で焼成(低下度釉として)します。このグレーズを使用すると、無作為な方向に割れ模様が発生します。さらに、その上に金液を塗布し、再度焼成することで下記のイメージのような仕上がりが可能になります。

①VSA-7000の塗布する厚みに応じて、割れ模様の細かさが変わってきます。厚みがあればあるほどその裂け目が粗くなります。また、このグレーズ自体は無色透明なので、色素と混ぜて焼成することを推奨します。

②使用する金液に関して、低い含金率はこの低下度釉の影響を受けやすく、発色不良を引き起こす可能性が御座います。含金率としては10パーセント以上が安定的です。金液焼成時は約780-800℃近辺で問題御座いません。

 

商品に関するより詳しい情報、お見積もり及びサンプルを御希望の方はお手数ですが問い合わせフォームより御連絡頂きますようお願い申し上げます。

 

Read More

白磁のどうぶつえん アトリエやま×清水桂子様―コラボレーション作品―

2017年11月1日
/ /
Comments Closed

とてもチャーミングな動物たちが特徴的な白磁のどうぶつえん・アトリエやまの象と清水桂子様のコラボレーション作品です。丸っこくて愛らしいフォルムを持った象と、清水様の様々な技法(金彩・ラスター・白盛り・パディング等)が非常に上手くマッチングしています。

当社ではアトリエやまの白磁(ウサギ、蛇、サイ等々・・・)を各種取扱いしております。

 

白磁に関する詳しい情報、お見積もりを御希望の方はお手数ですが問い合わせフォームより御連絡頂きますようお願い申し上げます。

Read More

偏光カラーを用いた作品

2017年11月1日
/ /
Comments Closed

角度と光の当たり方によってその見え方が変わってくる偏光カラーを上手く利用されておられます。偏光カラー自体の光沢を最大限に発揮するためには、色素地(瑠璃、黒など)もしくはカラー転写紙を下地に使用するとより有効的です。

絵具限定販売🎃ハロウィーンのお皿を以前から作りたいと考えていたのですが、せっかくなので、ちょっと遊んでみました。お皿の玉虫色の箇所・・・👻ユーレイ!これは絵の具で描いてあり、ちゃんと焼成しています。 新製品のホロカラーは白い絵具ですが、濃い地色の上では玉虫色に輝きます。私は無精😝して、元々瑠璃色金付きになっている日本ヴォーグ社 @porcelarts.nihonvogue のお皿に描いてみました。角度によって見えたり見えなかったりして、とてもユニークな絵具です。 実はこの絵具、私が調合しております💦ちょっと面倒なので、ハロウィーン用にお試しでの入荷になります。5グラム750円、絵の具のみですと82円での発送が可能です✨ 🍭Halloween plate🐾from marjolein bastin book🎃 #絵付け #陶芸 #porcelainpainting #チャイナペインティング #porcelain #ポーセラーツ #ポーセリンアート #ceramic #絵具 #上絵付 #ポーセリンペインティング#chinapainting #ハロウィン #halloween #trickortreat #トリックオアトリート #チョコレート #キルンアート #黒猫 #猫好き #tablewear #blackcats #マロリンバスティン #ラメゾンドゥショコラ #アンヴォール #lamaisonduchocolat

A post shared by Keiko Kanai🎨金井景子 (@overglazejp) on

Read More

凸盛り(イッチン)の技法

2016年11月25日
/ /
Comments Closed

名古屋の伝統的な絵付け方法である凸盛り(イッチン)についての動画です。高木はるゑ様は、現在では唯一の名古屋絵付けの凸盛り職人で、今なお活躍されておられます。イッチンとは搾り出し道具を用いた盛り上げ装飾技法です。更にコラレンと呼ばれるガラスのビーズを加えることでよりきらびやかな装飾表現が出来ます。尚、高木様の作品は名古屋陶磁器会館にて展示されています。

『DEKOMORI』
ダイジェスト動画(4分)

※本動画の無断転載はご遠慮ください。

 

Read More

使用例:メタルライト(マイカフレーク)

2016年9月14日
/ /
Comments Closed

当社のメタルライト(マイカフレーク)は陶磁器・上絵付けでも御使用頂けます。

latestnews_metallight_image2

例えば、濃いブラック(当社では艶黒と呼んでます)を磁器の上にベタ塗りして、シルバーカラーのメタルライトを載せて焼成するだけで、このような装飾表現が簡単に出来ます。※メタルライトを載せる際には、先端の細い面相筆やピンセットを使用してフレークが重ならないようにしてください。重なる部分が焼成時の溶着に影響を及ぼし、結果的に取れ易くなってしまいます。

勿論、上絵具の種類を鉄赤や紺青にしてみても面白いと思います。

是非ともお試しください。

 

御見積もり及びサンプルを御希望の方はお手数ですが問い合わせフォームより御連絡頂きますようお願い申し上げます。

Read More

メタルライト(マイカフレーク)シリーズ

2016年9月8日
/ /
Comments Closed

当社では陶絵付けだけではなく、ガラス工芸向けにも様々なアイテムを取り扱っております。今回は主に吹きガラスやフュージングで装飾用途に御使用頂けるマイカ(雲母)フレークを紹介致します。

使用方法は非常にシンプルです。例えば吹きガラスでは溶解炉から取り出したガラスにこのマイカフレークを適宜付けるだけです。陶絵付け用途では、絵具の上に添加して800℃近辺で焼成してもフレークはこのまま残ります(ただし、取れ易いのであくまでも加飾用途としてください)。その他、和紙の漉き入れにも御使用頂けます。

latestnews_metallight_image1

 

メタルライト(マイカフレーク)シリーズ

NCF-1132 Silver/size 3mm

latestnews_metallight_ncf1132

 

NCC-1132 Gold/size 3mm

latestnews_metallight_ncc1132

 

NCF-932 Silver/size 1mm

latestnews_metallight_ncf932

 

※こちらの色見本は、パソコンの閲覧環境あるいは使用環境によって色調が異なることがあります。また、このメタルライトシリーズは天然鉱石を原料としている為に、ロット間の色ブレが多少御座います。

その他、ナチュラルカラー(透明色) size 2mmと上記カラー内でのサイズ違いが一部御座います。

 

 

御見積もり及びサンプルを御希望の方はお手数ですが問い合わせフォームより御連絡頂きますようお願い申し上げます。

Read More

シルーレ J

2016年6月28日
/ /
Comments Closed

岸田周子様の御監修・開発の元、当社が製造・販売しております新アイテム“シルーレ J”について紹介致します。浮彫り風ペインティング技法として大変面白いアイテムです。

 

latestnews_shilrej_image1

 

浮彫り風ペインティング技法

1.下絵を描く。(図1)

latestnews_shilrej_howto_image1

 

2. シルーレ Jを水性メディウムでクッキー生地ぐらいの硬さに練ります。

3. 2)を少量取り、さらに水性メディウムを足し歯磨きペーストぐらいの硬さに練ります。この作業は花びらや葉、一枚毎に行うのが好ましいです。

4. 細い丸筆で3)をたっぷりと取り、花弁のアウトラインに沿ってのせます。(図2~4)

latestnews_shilrej_howto_image2 latestnews_shilrej_howto_image3 latestnews_shilrej_howto_image4

 

5.  平筆で4)のペーストを花弁のアウトラインから花の中心に向かってストロークします。(図5)この際、盛剤の高さが花弁の先端部分から中心に向ってなだらかに薄くなるように伸ばすことで花弁の透明感が表現できます。隣接する花弁も同様に施します。

latestnews_shilrej_howto_image5

 

6.  大きな葉はアウトラインに盛剤を載せ、葉脈に沿ってストロークします。(図6.7)

latestnews_shilrej_howto_image6 latestnews_shilrej_howto_image7

 

7.  周りの小花、小さな葉、茎も同様に施します。

latestnews_shilrej_howto_image8

注意:この技法は焼成後、亀裂や剥離の恐れがあるので、柔らかい素地に向いています。

一般の白磁に施すときは焼成テストをお勧めします。

当社ではシルーレJのパウダーを10gもしくは100gの単位で販売しております。専用の水性メディウムも御座います。

 

Read More
  • About us:

     当社はセラミック加飾に関するあらゆる分野でお客様のニーズに基づいた最適なソリューションを提供して参りました。ワールドワイドに選定した幅広いアイテムを提供するだけではなく、当社ならではの経験と知識に基づく技術的なアドバイスを日々の業務で行っております。
     御不明な点が御座いましたらどうぞ気軽に御連絡頂ければ幸いです。
     皆様のご期待に沿うべくご用命をお待ちしております。

     

  • Archive:

  • 利用規約

    Posted on 2016年7月1日
    当社、株式会社三田村商店(以下、三田村商店)の本ウェブサイトをご覧いただき有難う御座います。本ウェブサイトを御利用いただく際には本ウェブサイトにおける三田村商店とお客様との相互間で発生致しますプライバシーポリシーと同様に […]
  • プライバシーポリシー

    Posted on 2016年7月1日
    このプライバシーポリシー(以下、本ポリシー)は本ウェブサイトを利用されるお客様に対して株式会社三田村商店(以下、三田村商店)がその個人情報を如何に使用、保護することに関して明らかにするものです。 三田村商店はお客様の個人 […]