Latest news

KREUL社製・グリッターペン

2018年9月15日
/ /
Comments Closed

ドイツ・KREUL(クロイル)社より手軽に絵付けを楽しめるグリッターペン(5色セット)が入荷致しました。このペンはご家庭用オーブンレンジで焼き付ける(熱硬化させる)ことが出来ます。

KREUL Porcelain+GlassPen glitter 160°C Set of 5colors(Sun Yellow, Red, Blue, Light Green, Anthracite)

 

使用方法:このグリッターペンは水性のインキで、陶磁器・ガラスの両方に使用出来ます。はじめて使用する際は、本体を1~2分よく振って、先端のチップを紙の上で、チップにカラーが浸潤するまで繰り返し押してください。使用後はキャップを必ず閉めてください。

対象物にペイントする際は、予め対象物の表面を綺麗にしてください。ペイント後は常温で約4時間乾燥させます(乾燥不十分は硬化時の液ダレを招きます)。その後、オーブンレンジを用いて160℃で30分焼き付けします。彩火等の電気炉をお持ちの方は、プログラム上のMax温度を160℃に設定し、この温度までの到達時間を30分で以降、常温まで自然徐冷させてください。

※こちらの二点はKobo’s の高橋早苗様に御作成頂きました。https://blog.goo.ne.jp/smileitigo

 

熱硬化後は、食洗機にも限定的に耐えることが出来ます(参考:当社内試験では300回後にほぼ取れました。※電気炉を用いた硬化条件時)。耐溶剤性自体は有していないので、硬化した後でもアルコール等の有機溶剤で簡単に拭き取りが出来ます。

更に、このグリッターペンはBPAフリーなのでどなたでも安心して使用出来ます。三田村商店では今回お知らせしたペンタイプだけではなく、筆書き用のインキも今後取扱う予定です。

View this post on Instagram

Nicht mehr alle Tassen im Schrank? Dafür aber farbstarke Teller aufm Tisch! Mit den neuen #KREUL #GlassandPorcelain Farben entstehen Designerstücke, Upcycling-Projekte und DIY-Ideen auf Tassen, Tellern, Gläsern und Keramik. Die Classic ist unsere Farbe für alle, die auf brillante farbintensive und glänzende Töne stehen. Sie deckt und ist #nachhaltig. Die Farben bestehen zu mindestens 60 % aus nachhaltigen Rohstoffen natürlichen Ursprungs. #madeinGermany #Verantwortung #sustainable #DIYprojects #Glasfarbe #Porzellanmalfarbe #porcelainpaint #absofortimHandel Genau die richtige Farbe zum Bemalen von hitzebeständigen Materialien wie Porzellan, Glas, Keramik, Terrakotta und Metall. #Kreativfarben #Geschirr #neu #interiordesign #wohnaccessoires #doityourself #selbermachen

A post shared by KREUL official (@kreulpaint) on

 

商品に関するより詳しい情報、お見積もりを御希望の方はお手数ですが問い合わせフォームより御連絡頂きますようお願い申し上げます。

 

Read More

Reversible Luster(硝子用)

2018年8月28日
/ /
Comments Closed

日本金液製の硝子用ラスター液より新色の紹介(リバーシブルラスター)です。当社で取扱いしております。硝子の表面、裏側から見える色調が見る角度、光の当たり方に応じて変わります。筆を用いた絵付け用途には勿論、エアーブラシを用いた吹付塗装にも適用出来ます。

下記のイメージは先日紹介致しましたビアグラスにそれぞれのカラーを絵付けしたものです。焼成温度は通常のソーダライムで580℃前後が目安です。

①MIT-5962: Gold-Purple

 

②MIT-5961: Copper-Blue

 

③MIT-5165: Pink Gold

 

※これらの色見本は、パソコンの閲覧環境あるいは使用時の焼成条件によって色調が異なることがあります。

 

商品に関するより詳しい情報、お見積もりを御希望の方はお手数ですが問い合わせフォームより御連絡頂きますようお願い申し上げます。

Read More

PAマスタークラブ 第18回展示会

2018年8月28日
/ /
Comments Closed

PAマスタークラブ様での作品展のお知らせです。近くにお越しの際は是非ともお立ち寄り下さい。会期中は各アーティストによる絵付け実演や、作品・白磁等の販売が行われます。

PAマスタークラブ 第18回展示会     https://www.pamc2000.org/
日時:平成30年9月13日(木) 10:00-18:00  ~9月14日(金)  10:00-17:00
会場:札幌パークホテル 1Fエミナ

Read More

白磁のどうぶつえん―新作のお知らせ(いのしし) 

2018年8月23日
/ /
Comments Closed

白磁のどうぶつえんアトリエやま様の新作が発表されましたのでお知らせ致します。とても可愛らしい「いのしし」が各種加わりました。現在、当社にて予約販売を承っております。

画像右側:「いのしし 干支Ver.」大 Size: W145 x D70 x H90

画像中央:「いのしし 」 Size: W140 x D63 x H73

画像左側:「いのしし 干支Ver.」小 Size: W115 x D55 x H70

 

御見積もり及び御注文を御希望の方はお手数ですが問い合わせフォームもしくはLINEより御連絡頂きますようお願い申し上げます。

 

Read More

ビアグラス(特殊加工済み)

2018年8月10日
/ /
Comments Closed

熱い夏にピッタリなビアグラス素地が入荷致しました。このグラスは特殊なフロスト加工を施しており、見た目の表面がキラキラとしております。勿論、絵付け用途にもガラス絵具を使用して楽しむこともできます。

サイズ:約140mm x 65mm/ 日本製

 

例えば金彩を施すことでこのような表現が可能です。表面がフロスト状なので金彩はマットを帯びる仕上がりになります。また、透明カラーを使用することで窓抜き効果も出来ます。

 

商品に関するより詳しい情報、お見積もりを御希望の方はお手数ですが問い合わせフォームより御連絡頂きますようお願い申し上げます。

Read More

「愛されたセト・ノベルティ」展

2018年7月23日
/ /
Comments Closed

横山美術館での企画展のお知らせです。戦前・戦後に渡って製造された素晴らしいノベルティを沢山ご覧頂くことが出来る機会です。近くにお越しの際は是非ともお立ち寄り下さい。

期間 平成30年8月4日(土)~12月2日(日)
会場 横山美術館
〒461-0004
名古屋市東区葵1-1-21

https://www.yokoyama-art-museum.or.jp/event/pdf/20180804.pdf

 

 

Read More

夏季休業日のお知らせ

2018年7月19日
/ /
Comments Closed

誠に勝手ながら当社・夏季休業の日程を下記のとおりお知らせ致します。

夏季休業日:8月11日(土)~8月15日(水)

以上、ご迷惑をお掛け致しますが何卒宜しくお願い申し上げます。

 

Read More

7月22日: 長谷川徳幸様・絵付け実演@名古屋陶磁器会館

2018年6月21日
/ /
Comments Closed

7月の名古屋陶磁器会館での絵付け実演ウィークに関する最後のお知らせです。イベント期間の最終日、7月22(日)・11時~・15時より長谷川徳幸様による陶絵付け実演が行われます。近くにお越しの際は是非ともお立ち寄り下さい。

※スケジュールおよび内容に変更がある場合も御座います。詳細は下記、名古屋陶磁器会館・インスタグラムページでもお知らせしております。

【プロフィール】

長谷川徳幸 Tokuyuki Hasegawa

1934年絵付け職人長谷川幸次郎の次男として出生。

1952年明和高校卒業後、職人として絵付けに専念。

1989年阪急百貨店にて最初の展示会を実施。以降、多数の展示会を行う。

1994年初の個展を開催。以降、長谷川徳幸チャイナアートペインティング教室を開催するかたわら、NHK文化センター名古屋教室講師、原宿陶画舎講師への指導、陶磁器製造技能士試験の審査等に携わる。

2003年名古屋市技能功労者表彰を受ける。

2004年愛知県優秀技能者「あいちの名工」表彰を受ける。

2017年21回目となる教室展に続いて、名古屋陶磁器会館にて個展を開催。

 

 

 

 

Read More

7月21日: 杉山ひとみ様・絵付け実演@名古屋陶磁器会館

2018年6月21日
/ /
Comments Closed

7月の名古屋陶磁器会館での絵付け実演ウィークに関するお知らせ第五弾です。7月21(土)・13時30分より杉山ひとみ様による凸盛りやガラス盛り(コラレン)を使用した陶絵付け実演が行われます。。近くにお越しの際は是非ともお立ち寄り下さい。

※スケジュールおよび内容に変更がある場合も御座います。詳細は下記、名古屋陶磁器会館・インスタグラムページでもお知らせしております。

 

【プロフィール】

杉山ひとみ Hitomi Sugiyama

イタリア・ミラノで10年間暮らす中、陶磁器上絵付け技法を学ぶ。

イタリア・ロンバルディア州認定陶磁器上絵付けデコレーターとして、C.E.A.社の依頼を受け、MACEF(見本市)展示品などを制作。

2000年帰国後、愛知万博などでイタリア語通訳を務めるかたわら、ノリタケアーティストクラブ「チャイナペインティング」コースを修了すると同時に、「現代の名工」佐分利利成氏に師事し、明治時代から名古屋周辺で発達した「名古屋絵付け」の技法研究を始める。

2013年から現在、時代の移り変わりと共に失われつつある「名古屋絵付け」を守り伝える活動(「なごや凸盛り隊」)を行っている。

 

 

Read More

7月16日: 古川ひろ様・絵付け実演@名古屋陶磁器会館

2018年6月20日
/ /
Comments Closed

7月の名古屋陶磁器会館での絵付け実演ウィークに関するお知らせ第四弾です。7月16(月・祝日)・10時30分より随時、古川ひろ様による陶絵付け実演(ポートレイトペインティング)が行われます。近くにお越しの際は是非ともお立ち寄り下さい。

※スケジュールおよび内容に変更がある場合も御座います。詳細は下記、名古屋陶磁器会館・インスタグラムページでもお知らせしております。

 

【プロフィール】

古川ひろ   Hiro Furukawa

大手陶磁器メーカーで絵付け技術を身に付けると共に洋画も勉強。

1982年第68回光風会展洋画部門に初出品して入選。

1990年新宿小田急百貨店にて初の絵付け実演。

以降、全国各地の百貨店・ホテル・ギャラリー等で数多くの実演を担当。

1994年国家認定試験に合格、1級陶磁器製造(絵付け作業)技能士の認定を受ける。

1997年横浜元町のTAKARADA(会社の取引先食器専門店)にて、会社許可を受け個展開催。

1999年ポーセリンアーティストとして独立。

ポートレートの絵付けを中心とした制作活動と、個別グループの出張講師をする。

ジュエリー会社のポーセリンを扱った宝飾品に絵付け作家として参加。

2002年銀座和光のホールにて、宝飾デザイナーと「ポーセリンアート(R)ジュエリー展」開催。

愛知県陶磁資料館(現愛知県陶磁美術館)の企画展「チャイナペインティングの世界」に招待アーティストとしてポートレートの陶板画作品を数点出品。

2004年「Hiro Furukawa Porcelain Art Club」を発足。

以降、所属会員とのClub作品展を多数開催。

名古屋市在住。

ホームページ : http://porcelain.art.coocan.jp/furukawa/

Instagram : https://instagram.com/furukawa9102

 

 

 

Read More

7月15日: 中平ひとみ様・絵付け実演@名古屋陶磁器会館

2018年6月19日
/ /
Comments Closed

7月の名古屋陶磁器会館での絵付け実演ウィークに関するお知らせ第三弾です。7月15(日)・13時30分より中平ひとみ様による陶絵付け実演(ペット肖像画)が行われます。近くにお越しの際は是非ともお立ち寄り下さい。

※スケジュールおよび内容に変更がある場合も御座います。詳細は下記、名古屋陶磁器会館・インスタグラムページでもお知らせしております。

 

【プロフィール】

中平ひとみ Hitomi Nakadaira

デザイン事務所「ヒトミ・キュービック・デザイン」主宰。

千葉大学教育学部美術科卒。

美術教師を経て、建築に興味を持ち完成予想図製作の世界へ。

二級建築士、インテリアコーディネーターの資格を取得。

20年以上のキャリアをもち、リアルで丁寧に作成するその絵は、多くの支持を受けている。

2013年10月ノリタケの絵付けデザイナーに師事。

2016年9月ノリタケチャイナペインティングコース修了。

2017年5月以降、Deco’s Dog Cafe田園茶房ギャラリーで個展、新宿伊勢丹でペット肖像画の展示受注会を複数回開催している。

 

 

 

 

Read More

7月14日: 安藤栄子様・絵付け実演@名古屋陶磁器会館

2018年6月16日
/ /
Comments Closed

先日、お知らせ致しました7月の名古屋陶磁器会館での絵付け実演ウィークに関するお知らせ第二弾です。7月14(土)・13時30分より安藤栄子様による凸盛りやガラス盛り(コラレン)を使用した陶絵付け実演が行われます。近くにお越しの際は是非ともお立ち寄り下さい。

※スケジュールおよび内容に変更がある場合も御座います。詳細は下記、名古屋陶磁器会館・インスタグラムページでもお知らせしております。

 

【プロフィール】

安藤栄子 Eiko Ando

大手陶磁器メーカーのデザイナーとして、日本をはじめ海外のホテル、レストランの食器デザインを担当。

その後、フリーランスの陶磁器デザイナーとして数多くのデザインを手がける。

ボタニカルアートの繊細な表現を取り入れて、独創的な作品を個展、グループ展などで発表。

国立科学博物館主催「植物画コンクール」入賞多数の実績を活かし、ボタニカルアート教室を主催している。

現在は、時代の変化と共に失われつつある「名古屋絵付け」を守り伝える活動(「なごや凸盛り隊」「アルテデコジャパン」)を行っている。

 

 

 

 

Read More

塗料関係向け焼成顔料:リン酸ストロンチウム系バイオレットカラー(Strontium Phosphate/Pigment Violet)

2018年6月11日
/ /
Comments Closed

当社では、リン酸ストロンチウム系バイオレットカラー(輸入品)を取扱いしております。ドープリン酸をベースとした新しい組成の化合物に類似するこのカラーは、ウルトラマリンやリン酸コバルト、Violet 23とほぼ同等の色調でありながら、その耐水性・耐アルカリ性は改良されており、優れた耐候性をも有しています。

この顔料は容易に分散し、酸化チタンやコバルトその他エフェクト系顔料と混色出来ます。例えば、優れた特性を持つ有機系顔料と組み合わせることで、安定した堅牢性を有しながら幅広い色調表現を可能にさせます。高い光沢感・隠ぺい性を同時に持ち合わせることも出来ます。

用途:塗料、コーティング関係は勿論、コイルや押し出しコーティング用着色材としても適しております。その他、建築材向け仕上げ塗料(水性・溶剤系の両方)にも適しております。汎用性のある顔料で、RPVC、ポリオレフィン、エンジニアリング樹脂系への適用にも推奨致します。

 

商品に関するより詳しい情報(サンプル等)を御希望の方はお手数ですが問い合わせフォームより御連絡頂きますようお願い申し上げます。

Read More

大ナゴヤ大学の授業

2018年5月21日
/ /
Comments Closed

大ナゴヤ大学の授業で当社が取り上げられています。当社が事務所を構えている名古屋市東区の『文化のみち』界隈はかって明治から昭和初期にかけて、名古屋・陶磁器産業のメッカでもありました。その当時、開港初期の名古屋港における輸出のほとんどが陶磁器関係でした。その名残が随所に見られる『文化のみち』界隈は見応えのある街です。是非、近くにいらした際には御散策ください。より陶磁器の魅力が得られると思います。

http://dai-nagoya.univnet.jp/subjects/detail/431

 

Read More

アトリエプチリス 第6回 陶磁器上絵付 教室展

2018年5月17日
/ /
Comments Closed

アトリエプチリス様の第6回陶磁器上絵付教室展のお知らせです。近くにお越しの際は是非ともお立ち寄り下さい。

期間:平成30年6月19日(火)~24日(日)
時間:19日/11時~17時 20・21・22・23日/10時~17時 24日/10時~16時
会場:奈良県文化会館  2F  C室  TEL:0742-23-8921

住所:奈良市登大路町6-2(近鉄奈良駅から徒歩5分)

お問い合わせ:白磁屋 0120-15-8928

http://www.hakujiya.com/

 

Read More

VSA-7000を用いた金彩技法

2018年5月1日
/ /
Comments Closed

COLOROBBIA社のVSA-7000 transparent glazeを利用した金彩技法の紹介です。内装タイルや陶磁器の加飾にポイントで使用すると面白いです。

まずは、あらかじめ焼き締まった素地に対して、このVSA-7000を塗布して930-960℃で焼成(低下度釉として)します。このグレーズを使用すると、無作為な方向に割れ模様が発生します。さらに、その上に金液を塗布し、再度焼成することで下記のイメージのような仕上がりが可能になります。

①VSA-7000の塗布する厚みに応じて、割れ模様の細かさが変わってきます。厚みがあればあるほどその裂け目が粗くなります。また、このグレーズ自体は無色透明なので、色素と混ぜて焼成することを推奨します。

②使用する金液に関して、低い含金率はこの低下度釉の影響を受けやすく、発色不良を引き起こす可能性が御座います。含金率としては10パーセント以上が安定的です。金液焼成時は約780-800℃近辺で問題御座いません。

 

商品に関するより詳しい情報、お見積もり及びサンプルを御希望の方はお手数ですが問い合わせフォームより御連絡頂きますようお願い申し上げます。

 

Read More

ゴールデンウィークの休業日

2018年4月27日
/ /
Comments Closed

誠に勝手ながら当社・ゴールデンウィークの休業日を下記のとおりお知らせ致します。

4月29日(日):休業日

4月30日(月):休業日

5月 1日(火):営業日

5月 2日(水):営業日

5月 3日(木)~5月 6日(日):休業日

以上、ご迷惑をお掛け致しますが何卒宜しくお願い申し上げます。

Read More

ブース出店のお知らせ―JPAC国際エキシビション2018

2018年4月6日
/ /
Comments Closed

株式会社三田村商店は、2018年5月25日から26日に京都・しまだいギャラリーで開催されます、JPAC 国際エキシビション2018に出店致します。当社出店ブースでは、白磁・絵具・筆等の販売を行う予定です。

チャイナペイントの魅力をより多く引き出せるようなアイテムを選定致しますので、近くにお越しの際は是非ともお立ち寄り下さい。

JPAC国際エキシビション2018    https://j-pac.jimdo.com/
日時:平成30年5月25日(金) 11:00-17:00  ~5月26日(土)  09:00-16:00
会場:京都・しまだいギャラリー

Read More

硝子用透明カラー・単色転写紙

2018年4月4日
/ /
Comments Closed

以前に紹介させて頂きましたHeraeus(ドイツ)製の硝子用透明カラー H31シリーズを使用した単色ベタ転写紙の販売を開始いたしました。自由な形に切り抜いて、焼成するだけでステンドグラス調の色調を表現することが出来ます。これからの時期にピッタリなので是非お試しくださいませ。

 

例えば、透明ガラスだけではなく、フロスト(ケミカル系)加工されたガラスにも勿論使用出来ます。絵付けした箇所が透明感を出して、エッチング処理された表面を抜くことが出来ます。※ガラスの内側にもフロスト処理されているタイプは透過させることは出来ません。事前に御試験頂くことを推奨致します。

焼成温度/540~600℃

 

 

商品に関するより詳しい情報、お見積もり及びサンプルを御希望の方はお手数ですが問い合わせフォームより御連絡頂きますようお願い申し上げます

Read More

上絵具の安全性について

2018年1月26日
/ /
Comments Closed

上絵具の安全性について

 ☆食品衛生法(平成20年厚生労働省告示第416号)に関する対応

商品として一般消費者に販売される完成品には、食品衛生法に基づく試験をクリアしていることが求められています。その対策はそれぞれ異なってくるのですが、例えば大手洋食器メーカーでは上絵付けではなく、イングレーズや下絵付けへの切り替えも数年前より行なっています。この食品衛生法で対象となるのは、あくまでも食器として販売される完成商品に対してであり、ホビー(個人使用の範囲)の作品に関しての適用ではありません。

食品衛生法でもポイントとなっている鉛に関しては、アメリカのカリフォルニアの法令が一番厳しく、ヨーロッパでも日本以上にこのようなことに対しては敏感ですが、やはりホビーの分野では欧米でも耐酸・耐アルカリ性を備えた有鉛絵具が一般的です。なぜなら、無鉛絵具は、運筆性、仕上がりの艶などの面では有鉛絵具に劣り、コストも高いからです。仕上がりや使い勝手の面で有鉛絵具には及びませんが、安全面を重視される方には、無鉛絵具を使用することを当社では推奨しております。

ただし、大手メーカー並みの安全基準のレベルをご家庭での作品作りで実行するのは不可能です。なぜなら、完全に無鉛化するのであれば、窯までそれ専用にしなければなりませんし、徹底した生産工程での管理が必要だからです。仮に無鉛絵具だけを使ったとしても、有鉛絵具の焼成をしたことがある炉では、メーカーで行なわれる溶出試験の高いレベルをクリアすることはできません。これらの試験では高濃度の酢酸に食器を長時間浸して鉛の溶出レベルを調べます。転写紙に関して言えば、コーティングとしてのフラッキスを最後に印刷することでその溶出リスクをより抑える処置が施されています。その他、重金属フリーの有機インキを使用した転写紙も出てきています。

 

 ☆上絵具を正しく使用する為に

さて、上絵具の安全性に関してですが、現在、チャイナペイントやポーセラーツの教材として販売している有鉛絵具も、ほとんどが耐酸・耐アルカリ性を備えています。陶絵付けの長い歴史の中で有鉛絵具の改良はめざましく、その安全性の高さは昔とは比べ物になりません。

この上絵具を正しく使用するためには、適正温度で焼成(800℃以上が望ましい ※陶磁器の場合)することが大切です。ただ単純に温度を上げて焼成するだけではなく、ねらしをかけることで鉛は安定してガラス被膜を生成し、その溶出リスクは少なくなります。焼成を繰り返す場合は、温度を少しずつ下げていきますが、これはすでに焼きついている絵付け部分にダメージを与えないためです。高温で何度も何度も焼成を重ねれば、釉薬に定着した絵具に何度も負担をかけて、絵付けした部分に貫入(細かいヒビ)が入ったり、変色したり、まれにですが化学変化で釉薬がマット状になることもあります。こうした、低温焼成による鉛の溶出を気にされる方は食品を置いたり直接口をつける部分の絵付けはなるべく一回目の焼成で済ませることを推奨致します。ねらし時間については、炉のタイプに応じますが、家庭で使える電気炉においては、20分程度で十分です(ホビー用途としては)。

 

 ☆上絵具の脱色について

コバルト系の顔料(ブルー系に含まれる)は酸やアルカリに弱いので、例えばブルー系の絵付け部分にレモンを長時間置いておけば退色することがあります。こちらのリンクでは、各種カラー別の退色例を紹介致します。

退色例(Fade Colors Example) ※協力:(株)本荘化学研究所

これは、あくまでも長時間放置した場合で、日常生活においてお酢よりも強い酢酸液に何日も浸しておくことはないと思われます。日常に使う範囲でレモンやビネグレットソースを使ったお料理を置いたとしても、鉛が溶け出すわけではありませんので、ご安心ください。ただし、カップの内側や皿の食物を載せる部分などに全面的な絵付けをすることは避け、セレンやカドミウムが含まれる絵具(ビビッドな赤やオレンジにこれらの鉱物が使われます)は、口を直接つける部分には使わないということが大切です。

陶絵付けを楽しく安心して行なっていくために、こうした絵具の特徴を理解し、作品作りに活かしていただければと思います。

参考リンク:陶磁器試験場・セラテクノ土岐 http://www.city.toki.lg.jp/shisei/soshiki/kezaikankyo/seratekuno/

 

© 2018  MITAMURA CO., LTD.

Read More

「時を超え心揺さぶるカップ&ソーサー」展

2018年1月26日
/ /
Comments Closed

昨年10月に名古屋市東区にオープンした横山美術館での企画展のお知らせです。明治・大正時代に日本各地で製作されたカップ&ソーサーを見られる貴重な機会です。近くにお越しの際は是非ともお立ち寄り下さい。尚、3月には転写絵付け体験も行っております(事前申し込み必要)。転写絵付け体験のご案内

 

期間 平成30年2月27日(火)~7月1日(日)
会場 横山美術館
〒461-0004
名古屋市東区葵1-1-21

https://www.yokoyama-art-museum.or.jp/event/pdf/20171113_cs.pdf

 

Read More

ABSOLUT UNIQUEにみる有機ホットインキカラーの可能性

2018年1月19日
/ /
Comments Closed

有機ホットインキカラーとスプレー塗装を最大限にフル活用したラインナップ“ABSOLUT UNIQUE”におけるその装飾デザインはファッション性・多様性に満ち溢れたもので、見るものを魅了させます。

このラインナップでは、硝子容器への加飾時に35色の異なる配色と51通りのデザインパターンをそれぞれ組み合わせることによって、一本一本が異なるデザインを持ったボトルをユーザーにお届けすることを可能にさせています。

 

この動画では実際に有機ホットインキを用いて印刷している場面、スプレー塗装している様子がご覧いただけます。

 

当社ではこのような加飾表現を可能にさせる有機ホットインキカラーを取り扱っております。

 

商品に関するより詳しい情報(使用方法等)を御希望の方はお手数ですが問い合わせフォームより御連絡頂きますようお願い申し上げます。

 

Read More

白磁のどうぶつえん―新作のお知らせ

2018年1月18日
/ /
Comments Closed

白磁のどうぶつえんアトリエやま様の新作が発表されましたのでお知らせ致します。当社で取扱いしております。

品名『平犬』

◎サイズ
大・W105×D60×H135
小・W80×D50×H100

 

品名『丸犬』

◎サイズ
大・W95×D63×H120
小・W75×D50×H98

 

品名『あしか』

◎サイズ
W90×D50×H90

 

品名『りす』

◎サイズ
W96×D40×H80

 

御見積もり及び御注文を御希望の方はお手数ですが問い合わせフォームもしくはLINEより御連絡頂きますようお願い申し上げます。

 

Read More

年末年始休業日のお知らせ

2017年12月2日
/ /
Comments Closed

誠に勝手ながら当社・年末年始休業の日程を下記のとおりお知らせ致します。

年末年始休業日:12月29日(金)~1月4日(木)

以上、ご迷惑をお掛け致しますが何卒宜しくお願い申し上げます。

 

 

Read More

有機ホットインキカラー・SpecTruLiteシリーズ

2017年11月15日
/ /
Comments Closed

当社では、FERRO社製の有機ホットインキカラー、SpecTruLiteを取り扱っております。今までになかったこの有機ホットインキは硝子容器のダイレクト印刷向けに使用出来、従来の無機顔料の印刷(ACL)と同様のスクリーン印刷設備を用いた連続的な多色刷りを可能にさせます。

V&S社ではそのウォッカのブランド銘柄、Absolut Vodkaにおいて、このSpecTruLiteを全面的に取り入れた興味深い加飾表現をパッケージ(瓶硝子)で展開しています。有機インキの利点である色の再現性と色調の鮮やかさは、デザイナーもしくはユーザーのカラーチャートイメージを容易に実現させます。また、スクリーン上で溶解するホットインキというインキフォームは持ち合わせたスクリーンの最大版数での連続的な印刷(多色刷り)が出来ます。

FERRO社のSpecTruLiteはこの二つの強みを有していることで、硝子容器における加飾表現の可能性を最大限に高め、Absolut Vodkaではそのフレーバー別に様々なデザインのパッケージデザインを展開しています。

 

主な対象となるマーケットセグメント

・化粧瓶、香水瓶関係

・贈答品、広告関係プロモーション

・テーブルウェア向けタンブラー、家庭用品

・ワンウェイ瓶(ワイン、リキール、ウォッカ、その他飲料関係)

・リターナブル瓶 等々

また、このダイレクト印刷用のSpecTruLiteだけではなく、転写紙を利用したXpressionによる有機インキも使用条件に応じてその強みを発揮できます。

https://www.mitamura.co.jp/news/xpression/

 

三田村商店では、このような新しい加飾材料を単純に販売するだけではなく、そのアイテムの良さを生かした最終製品としてのカタチまでの企画立案やアイデアの提供を日々行っております。窯業原材料の商社として形成してきた各企業・顧客とのネットワークと経験を組み合わせることで、皆さまのモノづくりのお役に立てればと考えております。

 

商品に関するより詳しい情報(使用方法等)を御希望の方はお手数ですが問い合わせフォームより御連絡頂きますようお願い申し上げます。

Read More

Mug pop(マグポップ)

2017年11月2日
/ /
Comments Closed

カルチャーの発信地、原宿・竹下通りにマグカップ専門のお店があります。日本各地の窯元様、クリエイター様から直接仕入れたマグカップの数は400種類以上になるそうです。様々な企業でマーケティングの手法を知り尽くした店長が選んだ個性的な商品の数々、それらを活かした店舗空間は改めて窯業の加飾表現の可能性を感じさせます。非常に面白いお店なので、近くにお越しの際は是非ともお立ち寄り下さい。

 

 

 

Mug pop原宿店

住所:東京都渋谷区神宮前1-8-25

Tel: 080-4897-3456
E-mail: info@mug-pop.com
営業時間:11時~19時、年中無休

JR山手線 原宿駅より徒歩4分
東京メトロ千代田線・副都心線より徒歩5分
明治通りから50mほど竹下通りを歩き、ドラッグストア「Kokumin」さんの角を左に曲がり30m。お隣は人気クレープ店、「comcrape」さんです。

https://mug-pop.com/?ls=ja

Read More

白磁のどうぶつえん アトリエやま×清水桂子様―コラボレーション作品―

2017年11月1日
/ /
Comments Closed

とてもチャーミングな動物たちが特徴的な白磁のどうぶつえん・アトリエやまの象と清水桂子様のコラボレーション作品です。丸っこくて愛らしいフォルムを持った象と、清水様の様々な技法(金彩・ラスター・白盛り・パディング等)が非常に上手くマッチングしています。

当社ではアトリエやまの白磁(ウサギ、蛇、サイ等々・・・)を各種取扱いしております。

 

白磁に関する詳しい情報、お見積もりを御希望の方はお手数ですが問い合わせフォームより御連絡頂きますようお願い申し上げます。

Read More

偏光カラーを用いた作品

2017年11月1日
/ /
Comments Closed

角度と光の当たり方によってその見え方が変わってくる偏光カラーを上手く利用されておられます。偏光カラー自体の光沢を最大限に発揮するためには、色素地(瑠璃、黒など)もしくはカラー転写紙を下地に使用するとより有効的です。

絵具限定販売🎃ハロウィーンのお皿を以前から作りたいと考えていたのですが、せっかくなので、ちょっと遊んでみました。お皿の玉虫色の箇所・・・👻ユーレイ!これは絵の具で描いてあり、ちゃんと焼成しています。 新製品のホロカラーは白い絵具ですが、濃い地色の上では玉虫色に輝きます。私は無精😝して、元々瑠璃色金付きになっている日本ヴォーグ社 @porcelarts.nihonvogue のお皿に描いてみました。角度によって見えたり見えなかったりして、とてもユニークな絵具です。 実はこの絵具、私が調合しております💦ちょっと面倒なので、ハロウィーン用にお試しでの入荷になります。5グラム750円、絵の具のみですと82円での発送が可能です✨ 🍭Halloween plate🐾from marjolein bastin book🎃 #絵付け #陶芸 #porcelainpainting #チャイナペインティング #porcelain #ポーセラーツ #ポーセリンアート #ceramic #絵具 #上絵付 #ポーセリンペインティング#chinapainting #ハロウィン #halloween #trickortreat #トリックオアトリート #チョコレート #キルンアート #黒猫 #猫好き #tablewear #blackcats #マロリンバスティン #ラメゾンドゥショコラ #アンヴォール #lamaisonduchocolat

A post shared by Keiko Kanai🎨金井景子 (@overglazejp) on

Read More

中平ひとみ様・ペット肖像画の新作展示会

2017年10月27日
/ /
Comments Closed

中平ひとみ様のペット肖像画の新作展示会が新宿伊勢丹本館6階・時の場にて開催中です。ペット肖像画の注文受付も行っております。近くにお越しの際は是非ともお立ち寄り下さい。

期間 平成29年10月25日(水)~11月14日(火)
会場  新宿伊勢丹本館6階 時の場
作家在店日   10/27・28、11/3・4・5・11・12・14
作家Instagram
URL:https://www.instagram.com/naka_hcd/

Read More

硝子用透明カラー・H31シリーズ

2017年10月27日
/ /
Comments Closed

Heraeus(ドイツ)より硝子用透明カラー H31シリーズの紹介です。ステンドグラス調の表現が出来ます。有鉛タイプで、耐酸・耐アルカリ性は有していないので主に装飾ガラス向けに使用出来ます。焼成温度は540~600℃になります。

在庫品限りですが、ガラスの透光性を活かした加飾表現が出来ますので是非ともお試しください。

 

商品に関するより詳しい情報、お見積もり及びサンプルを御希望の方はお手数ですが問い合わせフォームより御連絡頂きますようお願い申し上げます

Read More

Paper Thermometer 製サーモテープ

2017年10月26日
/ /
Comments Closed

Paper Thermometer製のサーモテープの紹介です。サーモテープは対象物の温度を客観的に確認する為の必須のツールです。

当社が取扱いしておりますPaper Thermometer製のサーモテープは測定出来る温度の各間隔が狭いので、非常に使いやすいです。特に、熱硬化型インキを利用する印刷現場では季節的な要因、対象となる素材の炉内配置位置等によって実際に掛かる熱量にバラツキが生じやすいので、このようなテープを使用することで硬化不良、黄変といったトラブルを避けることが出来ます。

①このタイプでは188℃~232℃まで測定出来ます。1シートあたり、8列のラベルです。

 

②参考として、200℃で熱硬化するインキの試験の為に、このテープを1列、素材であるガラスに貼り付けます。その際は、ゴミ等がないように表面を綺麗にしてください。

 

③サーモテープの仕組みとして表示されている温度に到達するとそのブロックのみ黒くマーキング(不可逆)されます。以下は、当社の電気炉でMAX 200℃のプログラム熱処理が終わったあとのイメージです。この時の試験では、ガラスに対して、実際には188℃付近までしか温度(最大)が掛かっていないことがわかります。インキのタイプによってはこの条件下では、もう少しプログラム設定温度を高めにする方がより理想的な熱硬化条件に近づく可能性があるということがこのサーモテープで判断出来ます。

 

商品に関するより詳しい情報、お見積もり及びサンプルを御希望の方はお手数ですが問い合わせフォームより御連絡頂きますようお願い申し上げます。

Read More

Porcelain Studio T―20周年展 Porcelain Painting 2017 手描き磁器の優美―

2017年9月30日
/ /
Comments Closed

作品展のお知らせです。展示数は300点以上の北陸最大規模の上絵付け展となるようです。近くにお越しの際は是非ともお立ち寄り下さい。

Porcelain Studio T―20周年展 Porcelain Painting 2017 手描き磁器の優美―
日時:平成29年10月26日(木)~10月30日(月)     10:00~18:00(30日 は14:00まで) 
会場:富山市民プラザギャラリーA・C http://www.siminplaza.co.jp/?tid=100008

 

Read More

長谷川徳幸様・個展(9/24まで開催中)

2017年9月21日
/ /
Comments Closed

名古屋陶磁器会館にて長谷川徳幸様の個展が開催中です。ランドスケープや動物、フラワー等々数多くの作品を展示しております。タイミングが合えば御本人によるデモンストレーションもご覧いただけます。非常に濃い内容なので、近くにお越しの際は是非ともお立ち寄り下さい。

名古屋陶磁器会館のFacebook、 Instagram等で詳細を更新しています。

「長谷川 徳幸 個展―チャイナアートペインティング―」
早くも会期の半分が経過しました。

長谷川徳幸 様は9月24日まで毎日在廊される予定です。
本日は展示会場で行われている上絵付けの実演の模様を動画でお届けします。

https://www.facebook.com/nagoyatoujikikaikan

「長谷川 徳幸 個展―チャイナアートペインティング―」早くも会期の半分が経過しました。長谷川徳幸氏は9月24日まで毎日在廊される予定です。本日は展示会場で行われている上絵付けの実演の模様を動画でお届けします。(再生時間:約1分)https://www.facebook.com/media/set/?set=a.1567333086639963.1073741830.453521824687767&type=3

名古屋陶磁器会館さんの投稿 2017年9月20日

※本動画の無断転載はご遠慮ください。

 

 

 

Read More

白磁・節句 出世兜

2017年9月11日
/ /
Comments Closed

数量限定で出世兜の白磁を販売しております。赤座布団・忍び緒・木札(無地)がセットで付いています。

サイズ(ワンサイズのみ):約120mm x 85mm x 100mm

 

御見積もり及び御注文を御希望の方はお手数ですが問い合わせフォームより御連絡頂きますようお願い申し上げます。

Read More

MITAMURA・スカルぺシリーズ(白磁・靴)

2017年9月4日
/ /
Comments Closed

ありそうでなかった白磁の靴をシリーズ化致しました。輸入品の為、在庫状況に変動が御座います。おススメはベビータイプのシューズで、裏がビスクになっており可愛らしい蝶蝶が描かれています。

 

①パンプス Size:約130mm x 40mm x 80mm

 

②ベビー(リボン)Size:約80mm x  40mm x 40mm

 

③ベビー(フラワー)Size:約80mm x  40mm x 40mm

御見積もり及び御注文を御希望の方はお手数ですが問い合わせフォームより御連絡頂きますようお願い申し上げます。

Read More

2017年9月16日~24日 長谷川徳幸様・個展(詳細)

2017年9月4日
/ /
Comments Closed

先日、お知らせ致しました長谷川徳幸様の個展の開催が近づいてきました。会期中は、御本人による絵付けデモンストレーション、最新作の展示を予定しています。近くにお越しの際は是非ともお立ち寄り下さい。

期間 平成29年9月16日(土)~24日(日)
時間 10:00~16:30(最終日は15時まで)
会場 名古屋陶磁器会館

長谷川徳幸様のプロフィール(名古屋陶磁器会館の下記リンクより御確認頂けます)

http://nagoya-toujikikaikan.org/gyokai/gyokai_9.html

 

※本動画の無断転載はご遠慮ください。会期中は本動画のフルバージョンを会場にて公開予定です。

 

 

 

 

御不明な点があれば、お手数ですが問い合わせフォームより御連絡頂きますようお願い申し上げます。

Read More

長谷川徳幸様 個展―チャイナアートペインティング―

2017年8月17日
/ /
Comments Closed

長谷川徳幸様の絵付け個展―チャイナアートペインティング―が名古屋陶磁器会館で行われます。近くにお越しの際は是非ともお立ち寄り下さい。

期間 平成29年9月16日(土)~24日(日)
時間 10:00~16:30(最終日は15時まで)
会場 名古屋陶磁器会館

Read More

ノリタケアーティストクラブ名古屋教室 2017年 第24回作品展

2017年8月1日
/ /
Comments Closed

作品展のお知らせです。会期中はチャイナペイント(12・13・15日)、ポーセレンクラフト(14・16日)、染付け下絵体験(17日)も行います。近くにお越しの際は是非ともお立ち寄り下さい。

ノリタケアーティストクラブ名古屋教室 第24回作品展
日時:平成29年9月12日(火)~9月18日(月)
会場:ノリタケの森ギャラリー

Read More

ブース出店のお知らせ―PAマスタークラブ 第17回展示会

2017年7月29日
/ /
Comments Closed

株式会社三田村商店は、2017年8月28日から29日にTKPガーデンシティ品川で開催されます、PAマスタークラブ 第17回展示会に出店致します。当社出店ブースでは、金液・筆等の販売を行う予定です。

チャイナペイントの魅力をより多く引き出せるようなアイテムを選定致しますので、近くにお越しの際は是非ともお立ち寄り下さい。

PAマスタークラブ 第17回展示会       https://www.pamc2000.org/
日時:平成29年8月28日(月) 11:00-18:00  ~8月29日(火)  11:00-17:00
会場:TKPガーデンシティ品川 1F「ネクサス」

Read More

転写紙印刷について

2017年7月27日
/ /
Comments Closed

転写紙印刷とは

窯業向け加飾技術で使用される転写紙の紙表面には糊(デキストリン)がコーティングされています。水に浸漬することで、この糊が溶け、印刷されたデザインが紙から離れます。この水貼り用転写紙を使用した印刷方法としてはシルクスクリーン印刷による方法がほとんどです。

―シルクスクリーン印刷の一般的な流れ―

①製版

シルクスクリーンにおけるメッシュには、ナイロン・ポリエステル・金属(ステンレス)等の材質がありますが、窯業向けの転写紙印刷においては、ポリエステル系がほとんどです。ステンレスはその導電性を活かして、例えばガラス瓶へのダイレクト印刷(転写紙を使用しない)で用いられます。製版技術に関しては、例えば株式会社ムラカミの下記リンクの情報を参考頂ければと思います。

http://www.murakami.co.jp/about/index.html

 

②インクの作成

実際に印刷するための顔料(粉体)は、印刷対象となる素材(ガラス・陶磁器・タイル等)やその焼成温度域別に異なってきます。その顔料とアクリル樹脂で出来たメディウムを用いてペーストインクを作成します。その割合は前提としてメディウムの粘性に応じて変わってきますが、顔料6に対してメディウム4辺りが一般的です。このペーストを作成するときに重要なポイントは、そのインク中の顔料分の分散性を良くする(メディウムとの親和性も含めて)ことです。多く印刷する場合は三本ロールミルを使用してインクを練る必要があります。少量でヘラを用いる場合はガラス板の上でしっかりと混練してください。

 

③印刷

印刷時にはゴムで出来たスキージを使用してメッシュの穴を通して転写紙にインクを押し出します。その際のスキージ圧、角度等の印刷条件によってその仕上がりに影響を与えます。

デザインが多色の場合、1 色印刷するごとに乾燥させ次の色の印刷をします。自然乾燥の場合は十二分に余裕をもって乾燥させてください。転写印刷会社ではトンネル式の乾燥炉を使用します。顔料の印刷がすべて終了したところで、最後にアクリル樹脂で出来たカバーコートを印刷します。デザインを覆うように印刷することで、水貼り時に印刷されたデザインの配置などがずれることなくリリースできます。

 

※当社内での見本刷りの様子です。カラーマッチングテストおよび印刷適性を確認する為に、当社ではこのような見本刷りを行っております。

 

最後に、転写印刷会社での一般的な製造工程を示します。 

①受注:原稿無し、原稿有り(原画・データ・資料)、イメージ

 

②デザイン

⇒手描き、PCによるデザイン、レイアウト

⇒版下作成(必要な場合)

 

③校正

⇒原画、版下、データ入稿、レイアウト指示

⇒印刷用データに加工(カラー分解、特色分解)

⇒ポジフィルムとして出力

 

④製版

⇒PS版作成(紗張り、感光材の塗布)

⇒露光

⇒現像(水洗い)

⇒検査・目止め

 

⑤配色:カラーチャートの中から適切な色を選定

 

⑥試作印刷:手刷り、半自動、シリンダープレス

 

⑦評価:外観評価、焼成試験

 

⑧量産

⇒校正、製版にて量産用の版を作成(面付け)

⇒シリンダープレスにて量産印刷

 

⑨検品:目視による全数検査

 

⑩出荷 

 

© 2017  MITAMURA CO., LTD.

Read More

示温材(サーモインキ)

2017年7月20日
/ /
Comments Closed

当社では示温材(サーモインキ)を取り扱っております。示温材とはある特定の温度域で変色を起こすロイコ色素とその発色をコントロールする顕色剤を含むものです。今回当社が紹介する示温材は、-15℃~70℃の温度域で変色を起こすので面白い加飾表現が可能です。

以前にお知らせしましたFerro社製のXpression(熱硬化型有機インキ)のメジウムと併せて使用することでBPAフリーの印刷インキとして使用出来ます。

 

※本動画では最初に冷水を入れ、更に冷却効果を出すためにコールドスプレーを吹き付けています。約15℃近辺で変色を起こすタイプの示温材を使用しています。

 

商品に関するより詳しい情報、お見積もり及びサンプルを御希望の方はお手数ですが問い合わせフォームより御連絡頂きますようお願い申し上げます。

 

Read More

夏季休業日のお知らせ

2017年7月18日
/ /
Comments Closed

誠に勝手ながら当社・夏季休業の日程を下記のとおりお知らせ致します。

夏季休業日:8月11日(金)~8月15日(火)

以上、ご迷惑をお掛け致しますが何卒宜しくお願い申し上げます。

 

Read More

岩月克夫様 陶画展―チャイナペインティング―

2017年7月12日
/ /
Comments Closed

岩月克夫様の第2回陶画展(チャイナペインティング)がノリタケの森ギャラリーで行われます。近くにお越しの際は是非ともお立ち寄り下さい。

期間 平成29年7月25日(火)~30日(日)
時間 10:00~18:00(最終日は16時まで)
会場 ノリタケの森ギャラリー 第2展示室(入場無料)
〒451-8501
名古屋市西区則武新町3-1-36

Read More

マイセン公開デモンストレーション・レポート

2017年7月7日
/ /
Comments Closed

平成29年6月4日(日)に名古屋陶磁器会館にてスーザン・クノブロッホ氏による絵付けデモンストレーションが行われました。当日は多くの方のお集まりいただき、マイセンの絵付け技術を目の当たりに出来る貴重な機会となりました。

ギャラリー ピュイ・ダムールさんのHPにて当日の様子を掲載しております。

http://galerie-puits-damour.com/blog/demonstration/

※本動画の無断転載はご遠慮ください。

 

Read More

濃縮テルピン(Enriched Turpentine)

2017年6月7日
/ /
Comments Closed

チャイナペイントでは不可欠なオイル。皆様色々なものをお使いになられていると思います。その中でも高価で良い状態での入手が難しくなっているのがディックオイル(固めの油性オイル)です。

今回、ディックオイルとして使える当社の新商品・濃縮テルピン(Enriched Turpentine)を紹介致します。

 

詳細および特徴

■他の油性オイル(テルピン、ターペンター)と併せてお使い頂けます。

■練り易い粘度

■溶いた絵具の持ちの良さ

 

商品に関するより詳しい情報、お見積もり及びサンプルを御希望の方はお手数ですが問い合わせフォームより御連絡頂きますようお願い申し上げます。

Read More

2017年6月4日 マイセン・公開デモンストレーション(詳細)

2017年5月17日
/ /
Comments Closed

先日、お知らせ致しましたように、国立マイセン磁器製作所の出身ぺインターであるスーザン・クノブロッホ氏によるワンデー限定の絵付けデモンストレーションを名古屋陶磁器会館にて開催致します。ご友人、ご家族をお誘いあわせの上、どうぞ気軽にお越しくださいませ。

日時:平成29年6月4日(日)13時~16時(変更の可能性あり)

時間:①13時~ ②14時~ ③15時~ ※各回、約20分の実演を二回行います。

場所:名古屋陶磁器会館 http://nagoya-toujikikaikan.org/riyou/access.html

入館料:200円(高校以上)

予約:不要

企画内容:マイセン『真夏の夜の夢』※写真のモチーフは参考例です。

 

 

スーザン・クノブロッホ氏 プロフィール

スーザン・クノブロッホ氏は、マイセンペインター養成学校を首席で卒業後、国立マイセン磁器製作所で絵付け師として活動を始めました。そして同窯元歴史上一度のプロジェクト、当時のトッププロペインター達による多岐ジャンルに亘る図案を描くことの出来る次世代の絵付け師を育成するその対象8名への最終選抜を経て、多種多様なモチーフを手掛けるトッププロペインターとなりました。現在、絵付け教室ギャラリー ピュイ・ダムールの最高技術責任者として多方面に活躍されています。

1962年: コットプス (旧東ドイツ) に生まれる。

1978-1989年: 国立マイセン磁器製作所

1989-1991年: フィスティンベルク製陶所

1991-2000年: ヘキスト磁器工房 (マスター ペインター)

2000-2001年

ドイツ (ヘッセン州) 商工会議所の訓練を経て、以下権限を持つ絵付師として認定される。
-ペインターの育成、品質管理
-デザインの開発やサンプル、特別作品などの創造制作
-新色やアンティーク色の研究開発、調合の研究、オイルや道具などの研究
-作品番号の決定、認定
-国内、海外での絵付け指導

2001年:独立

2002年:絵付け教室ギャラリー ピュイ・ダムール最高技術責任者に就任

 

当日の注意事項 ※御来館前に必ず御確認ください。

  1. お子様から大人の方まで多くの方にマイセン出身ぺインターの所作とその動作が生み出す空間を感じて頂ければ幸いです。スムーズなデモンストレーションの進行に御協力くださいませ。デモンストレーションの様子を後日、当社WEBサイトにて掲載予定です

  2. 館内は飲食禁止です。

御不明な点があれば、お手数ですが問い合わせフォームより御連絡頂きますようお願い申し上げます。

Read More

マイセンペインターによる絵付けデモンストレーション@名古屋陶磁器会館

2017年4月28日
/ /
Comments Closed

国立マイセン磁器製作所の出身ぺインターであるスーザン・クノブロッホ氏によるワンデー限定の絵付けデモンストレーションを名古屋陶磁器会館にて開催致します。近くにお越しの際は是非ともお立ち寄り下さい。

日時:平成29年6月4日(日)13時~16時(変更の可能性あり)

場所:名古屋陶磁器会館 http://nagoya-toujikikaikan.org/riyou/access.html

入館料:200円(高校以上)

企画内容:マイセン『真夏の夜の夢』の絵付けを予定しています。

スーザン・クノブロッホ氏 プロフィール

スーザン・クノブロッホ氏は、マイセンペインター養成学校を首席で卒業後、国立マイセン磁器製作所で絵付け師として活動を始めました。そして同窯元歴史上一度のプロジェクト、当時のトッププロペインター達による多岐ジャンルに亘る図案を描くことの出来る次世代の絵付け師を育成するその対象8名への最終選抜を経て、多種多様なモチーフを手掛けるトッププロペインターとなりました。現在、絵付け教室ギャラリー ピュイ・ダムールの最高技術責任者として多方面に活躍されています。

1962年: コットプス (旧東ドイツ) に生まれる。

1978-1989年: 国立マイセン磁器製作所

1989-1991年: フィスティンベルク製陶所

1991-2000年: ヘキスト磁器工房 (マスター ペインター)

2000-2001年

ドイツ (ヘッセン州) 商工会議所の訓練を経て、以下権限を持つ絵付師として認定される。
-ペインターの育成、品質管理
-デザインの開発やサンプル、特別作品などの創造制作
-新色やアンティーク色の研究開発、調合の研究、オイルや道具などの研究
-作品番号の決定、認定
-国内、海外での絵付け指導

2001年:独立

2002年:絵付け教室ギャラリー ピュイ・ダムール最高技術責任者に就任

 

当日の注意事項 ※御来館前に必ず御確認ください。

  1. この企画ではお子様から大人の方まで多くの方にマイセン出身ぺインターの所作とその動作が生み出す空間を感じて頂くことを目的としています。特にデモンストレーション中は他の来館者に迷惑が掛からないよう、静かに御見学お願いします。

  2. 陶磁器会館館内は飲食禁止です。

  3. デモンストレーションの様子を後日、当社WEBサイトにて掲載予定です。

 

 

※本動画の無断転載はご遠慮ください。

 

 

本イベントに関して御不明な点があれば、お手数ですが問い合わせフォームより御連絡頂きますようお願い申し上げます。

Read More

ゴールデンウィークの休業日

2017年4月27日
/ /
Comments Closed

誠に勝手ながら当社・ゴールデンウィークの休業日を下記のとおりお知らせ致します。

4月29日(土):営業日(午前のみ)

4月30日(日):休業日

5月 1日(月):営業日

5月 2日(火):営業日

5月 3日(水)~5月 6日(土):休業日

以上、ご迷惑をお掛け致しますが何卒宜しくお願い申し上げます。

Read More

金井景子様 絵付け個展

2017年4月10日
/ /
Comments Closed

金井景子様の絵付け個展のお知らせです。9年ぶりとなる個展で、新作から旧作まで様々な作品を展示されるようです。近くにお越しの際は是非ともお立ち寄り下さい。

個展の詳細はこちらからご覧頂けます。

http://overglaze.net/book/2017koten/2017tenji.html

金井景子 絵付け個展

日時:平成29年5月31日(水)~6月4日(日)

会場:ICHYS GALLERY(イチーズギャラリー)入場無料

Read More

シルバーフォックス線引用面相筆

2017年3月7日
/ /
Comments Closed

丸山雄進堂製のシルバーフォックス(銀狐)の毛を使用した線引き用面相筆が好評です。他の毛質にはない毛先の弾力性がポイントです。サイズは極小(No.1)・小(No.2)の2パターンを当社で取扱いしております。

極小(No.1):毛の長さ/約24mm

小(No.2):毛の長さ/約28mm

※本動画の無断転載はご遠慮ください。

商品に関するより詳しい情報、お見積もりを御希望の方はお手数ですが問い合わせフォームより御連絡頂きますようお願い申し上げます。

 

Read More

北斗産業製・高意匠材(樹脂・塗料関係向け)

2017年2月1日
/ /
Comments Closed

当社では高意匠材として、北斗産業製のカラーマイカ、カラーPETフィルム等の加飾材料を取り扱っております。高意匠材とは、樹脂や塗料等の原料に混ぜ合わせる(添加する)ことで、様々な色調を表現することの出来る加飾材料です。例えば、プラスチックの原料にメタリックカラーを混ぜることで煌びやかな質感を実現させたり、粒径の異なるブラックカラーを組み合わせることで人工大理石の模様として面白い加飾表現を施すことが出来ます。その用途は多岐に渡り、私たちの身近なところで使用されています。

主にBMC、SMC、注型、吹付、インジェクション成型、プラスチック練り込み全般、塗料関係全般に御利用頂いております。シリーズは雲母を材質とした①SC(セラチップ)シリーズとPETフィルムを材質とした②Tシリーズ、メタリックベースの③MC(メタチップ)シリーズの3つから成ります。

 

SC(セラチップ)シリーズ/Outline-SC series  ※クリックすると商品見本をご覧頂けます。

用途:BMC、SMC、注型、吹付、インジェクション成型、プラスチック練り込み全般全般、各種塗料全般、その他各種模様材

特徴:SC(セラチップ)シリーズは用途に応じてバインダー等の変更(使用する樹脂との密着性、耐摩耗性、耐衝撃性等)、カップリング処理が可能です。塗料、プラスチック、建築・建材等の幅広い範囲で御使用頂けます。

 

Tシリーズ/Outline-T series  ※クリックすると商品見本をご覧頂けます。

用途:BMC、SMC、注型、吹付、インジェクション成型、プラスチック練り込み全般、各種塗料全般、その他各種模様材

特徴:TシリーズはPETフィルムを使用することで、耐熱性及び耐溶剤性を向上させ、化学的にも安定しています。こちらも塗料、プラスチック、建築・建材等の幅広い範囲で御使用頂けます。

 

MC(メタチップ)シリーズ:Outline-MC series  ※クリックすると商品見本をご覧頂けます。

用途:BMC、SMC、注型、吹付、インジェクション成型、プラスチック練り込み全般、各種塗料全般、その他各種模様材

特徴:気品のある光沢を演出しますので高級感を表現出来ます。

 

Read More

CABRO社製Bright Gold(lemon)

2016年12月9日
/ /
Comments Closed

同じくイタリアよりCABRO社製金液(陶磁器用・含金率5%)の紹介です。

会社紹介:CABRO S.p.A.

創業1987年、貴金属に関わる商品の製造とその取扱い、リサイクルとして貴金属の精錬業務に特化した化学メーカー。新しい分野への飽くなき探求とそれを実行する強い意志をモットーにR&Dセクションを社内でもとくに重要視し、近年は資源とエネルギー関係の分野でイタリア国内の諸大学の権威の協力も受けながら欧州を含む国家間でのプロジェクトに携わっています。

cabro_logoimage

当社では貴金属関係だけではなく、CABRO社のナノテクノロジーを活用とした様々なニューマテリアル(グラフェン、ナノ粒子を活用した模造品対策)を段階的に本WEBサイトでも取り上げる予定です。

 

今回、紹介致しますCABRO社製のGLC1202/8は5%という低含金率の金液です。低含金ながらも発色が非常に良好で色調はLemon Goldになります。勿論、価格もお値打ちになるのでボディやタイルでの使用にも適しています。

①使用方法:内側から1-5ラインが本アイテム、GLC1202/8のベストな濃度の目安です。

latestnews_1202_8_image2

 

②焼成温度:780-850℃(一般磁器の場合)

latestnews_glc1202_8_image3

※こちらの色見本は、パソコンの閲覧環境あるいは使用時の焼成条件によって色調が異なることがあります。

商品に関するより詳しい情報、お見積もり及びサンプルを御希望の方はお手数ですが問い合わせフォームより御連絡頂きますようお願い申し上げます。

 

Read More

COLOROBBIA社製Pink Gold

2016年12月9日
/ /
Comments Closed

当社では国内メーカーだけではなく、Heraeus等の海外メーカー品の金液を取り扱っております。今回はイタリアよりCOLOROBBIA社製Pink Gold調の金液(陶磁器用)の紹介です。

会社紹介:COLOROBBIA

イタリアのフィレンチェに本社を構える。セラミック産業に関わるあらゆる商品を世界中に提供、18か国に28の拠点を持ちそのグループ内総従業員数は2,000人を超えます(内40%がイタリア以外の国籍から構成)。このような国際展開は70年代に始まり―以降、諸原料、革新的なセラミック商品まで様々な部門別に顧客のニーズに応えられるようなソルーションの最適化と技術的なアシスタントを行なっています。

colorobbia_logoimage

当社ではCOLOROBBIA社との直接輸入取引を近年開始しており、主に貴金属関係、インクジェット顔料の取扱いを行っております。

 

今回、紹介致しますCOLOROBBIA社製のXR1-15664は今までになかったピンクゴールドに発色する金液です。

①使用方法:以下は、当社内でろくろを用いた線引きの様子です。このような線引き作業においては、長刀と呼ばれる形状の筆を使用することを推奨します。

 

②このPink Goldは膜厚が薄すぎると発色不良を起こす可能性があります。目安としてはこのぐらいの濃さがベストです。

latestnews_xr1_15564_image3

 

③焼成温度:780-860℃(一般磁器の場合)

latestnews_xr1_15564_image2

※こちらの色見本は、パソコンの閲覧環境あるいは使用時の焼成条件によって色調が異なることがあります。

商品に関するより詳しい情報、お見積もり及びサンプルを御希望の方はお手数ですが問い合わせフォームより御連絡頂きますようお願い申し上げます。

 

Read More

年末年始休業日のお知らせ

2016年12月9日
/ /
Comments Closed

誠に勝手ながら当社・年末年始休業の日程を下記のとおりお知らせ致します。

年末年始休業日:12月29日(木)~1月4日(水)

以上、ご迷惑をお掛け致しますが何卒宜しくお願い申し上げます。

 

 

Read More

熱硬化型インキ:Xpression

2016年12月1日
/ /
Comments Closed

熱硬化型インキ(転写印刷向け)シリーズ、Xpressionの紹介です。

従来の有機インキの用途は耐候性の関係で、主に室内向けの装飾に限られる一方、ウレタンベースであるこのXpressionはその問題を解決し様々な目的で御使用頂けます。プラスチック、磁器、ガラス、ステンレス等の加飾に適用出来ます。

latestnews_xpression_image1

概要: Xpressionは基本色の12色に加えて、分解用カラーとゴールド、シルバーのメタリックカラーがあります。その他、シリーズに適した専用メディウムと、印刷用途(素材)別に保護コートが各種御座います。

特性:例えば陶磁器やガラスに転写印刷する場合、保護コートとプライマーを使用することで耐食洗機指数を格段に向上させます。※耐食洗機試験はWinterhalter工業用食洗機を使用し、3000回をクリア。

 

商品に関するより詳しい情報、お見積もり及びサンプルを御希望の方はお手数ですが問い合わせフォームより御連絡頂きますようお願い申し上げます。

 

Read More

凸盛り(イッチン)の技法

2016年11月25日
/ /
Comments Closed

名古屋の伝統的な絵付け方法である凸盛り(イッチン)についての動画です。高木はるゑ様は、現在では唯一の名古屋絵付けの凸盛り職人で、今なお活躍されておられます。イッチンとは搾り出し道具を用いた盛り上げ装飾技法です。更にコラレンと呼ばれるガラスのビーズを加えることでよりきらびやかな装飾表現が出来ます。尚、高木様の作品は名古屋陶磁器会館にて展示されています。

『DEKOMORI』
ダイジェスト動画(4分)

※本動画の無断転載はご遠慮ください。

 

Read More

CerMark:LMCシリーズ(セラミック用レーザーマーキングマテリアル)

2016年11月22日
/ /
Comments Closed

Ferro社製・レーザーマーキングマテリアル(顔料)CerMarkよりLMCシリーズの紹介です。LMCシリーズはセラミック全般で使用できる水性のレーザーマーキング材です。マグカップ、タイル、板ガラス、ガラスびん・容器にレーザーマーキングシステムを利用して顔料を焼き付けることが可能です。

使用方法:

①事前に塗布する対象物の埃、汚れをしっかり取り除きます。ガラスの場合はアルコールで洗浄してください。その後、スプレーガンやエアーブラシを用いて均一になるように塗布します。その際の目安となる厚みは75μほどで、とくにガラスの場合は、上にかざして可視光が遮られる程度に塗布してください。膜厚が薄すぎると発色不良を起こし、厚すぎる場合はパワーの設定によっては溶着不良を起こす要因となります。塗布した後はドライヤー等でしっかり乾燥させてください。

②レーザーマーキングにて加飾(本動画では、一般的なソーダガラスを使用)

参考:使用機種 trotec社 Speedy 100/レーザー出力- CO2/60W/power 20%  speed 20%

※レーザーの出力方法、顔料吹付時の塗膜の厚みや素材に応じて仕上がりも変化する為に、あらかじめ各条件に合わせた試験を行なう必要が御座います。

マーキングを施した箇所は以下のように表面がはっきりと黒くなります(ブラックの場合)。

img_6162

 

③水または濡れたタオルで洗浄します。加飾された部分のみ、ガラス表面に溶着しているので残ります。

img_6163

セラミック向けのLMCシリーズは5色展開(ブロンズ、ブルー、グリーン、ブラック、ホワイト)です。 顔料を塗布するだけなので、YAGやファイバー方式でも適用出来ます。

当社ではレーザーマーキングの可能性を追求して、今後も様々な条件下での試験を行います。そのうえで、御協力頂ける企業様、団体様を随時募集しております。

 

商品に関するより詳しい情報、お見積もり及びサンプルを御希望の方はお手数ですが問い合わせフォームより御連絡頂きますようお願い申し上げます。

 

Read More

≪伊藤若冲・生誕300年記念≫ 伊藤若冲に挑む―名古屋絵付け―

2016年10月26日
/ /
Comments Closed

名古屋陶磁器会館にて伊藤若冲・生誕300年記念の企画が行われますので御案内致します。11/3は、「歩こう!文化のみち」のイベントに合わせてギャラリートークも行われます。近くにお越しの際は是非ともお立ち寄り下さい。 

企画展示:1.《伊藤若冲 生誕300年記念》

企画展示:2.13種類の名古屋絵付け伝統技法の解説作品の展示

期間:11月3日(木・祝)~11月11日(金) 10時~17時(11/3のみ9:30~16:00)

休館日:11/5(土)、11/6(日)

入館料:無料

場所:名古屋陶磁器会館 1階展示室

ギャラリートーク:11/3(木・祝)13:30~(予約不要)    

「伊藤若冲に挑む―名古屋絵付―」では、40㎝径の大皿に“名古屋絵付け”の伝統技法による大作を展示いたします。その制作秘話などを《ギャラリートーク》として、描き手の先生方より解説いただきますので、皆さま、お誘いの上、お越しくださいませ。

 

latestnews_exhibition_toujikikaikan_20161103_image1 latestnews_exhibition_toujikikaikan_20161103_image2 Read More

ヨーロピアン・ポーセリンペインティング展 温故知新―die Neuen durch die Alten―

2016年10月12日
/ /
Comments Closed

作品展のお知らせです。国立磁器製作所マイセン出身のマニュエラ・アヒュート女史と、CRESTIPS代表の石井逸郎様の作品を展示致します。近くにお越しの際は是非ともお立ち寄り下さい。

ヨーロピアン・ポーセリンペインティング展 温故知新―die Neuen durch die Alten―
日時:平成28年11月23日(水・祝)~11月26日(土)
会場:世良美術館

latestnews_exhibition_kapuzinerkresse_2016_top

 

Read More

レーザーマーキング用顔料・CerMarkシリーズ(Ferro社製)

2016年9月15日
/ /
Comments Closed

当社ではFerro社(アメリカ)の正規代理店としてレーザーマーキング用に使用できる顔料、CerMarkシリーズを取り扱っております。

Ferro社は無機・有機機能性材料の分野で世界有数の材料メーカーとして様々な事業をグローバルに展開しております。今回、Ferro社が開発したレーザーマーキング用カラーシリーズ、CerMark(旧TherMark)はメタル、ガラスやセラミック部品といった様々な素材と産業向けに、永久的に使用できるマーキング用顔料です。航空宇宙関係から従来のレーザー印字・加工産業で実績が御座います。

ferro_logoimage

 

 

このCerMarkシリーズはレーザーマーキングに関わるあらゆる装飾・印字システム(トレーシング用途、工業的な応用方法)が対象です。レーザーの方式はCO2は勿論、YAGやファイバーレーザーにも対応しています。

例えばメタル用途には識字性と解像度に優れており、ロゴやバーコード、識別プロセスのある工業ラインに適用出来ます。もちろん、顔料を焼き付けるだけなので対象物に対してダメージを与えることはありません。対象物の実績例としては、ステンレス、アルミ、スズ、銅、真鍮、クロム処理されたスチール、チタン、タングステン、メッキ処理されたスチール等が御座います。ニオブ、タンタル、銀、金、パラジウム、プラチナ、ピューターといった素材への適用も見込めます。

latestnews_cermark_image1

 

 

 

 

 

また、ガラスやセラミックといった表面の複雑な素材に対してもレーザー方式を採用することで、従来の焼成プロセスからの置き換えとしても適用出来ます。とくにガラスに関しては、熱膨張係数の関係によってレーザーでの直接的なマーキングが難しかった材質(ソーダ石灰ガラス等)に有効です。

CerMarkシリーズはメタル(ステンレス・アルミ等)とセラミック(ガラス・タイル等)の用途別に異なるタイプがあり、その形状はそれぞれペーストタイプがメイン(一部シートタイプが御座います)です。このペースト顔料を対象物にスプレーや筆で塗布した後に乾燥させ、レーザーマーキングを施すだけなので手軽に御使用頂けます。

 

商品に関するより詳しい情報、お見積もり及びサンプルを御希望の方はお手数ですが問い合わせフォームより御連絡頂きますようお願い申し上げます。

Read More

エッジラインスケール

2016年9月14日
/ /
Comments Closed

縁に沿った曲線を簡単に引けるエッジラインスケールが新しくバージョンアップして入荷致しました。

 

latestnews_edgelinescale_image1

ゴージャスなゴールドカラー仕様です。サイズ(85 x 65 mm)も適度に大きく、穴の数も多いので様々な条件で御使用頂けます。

 

latestnews_edgelinescale_image2

 

お見積もり及びサンプルを御希望の方はお手数ですが問い合わせフォームより御連絡頂きますようお願い申し上げます。

Read More

使用例:メタルライト(マイカフレーク)

2016年9月14日
/ /
Comments Closed

当社のメタルライト(マイカフレーク)は陶磁器・上絵付けでも御使用頂けます。

latestnews_metallight_image2

例えば、濃いブラック(当社では艶黒と呼んでます)を磁器の上にベタ塗りして、シルバーカラーのメタルライトを載せて焼成するだけで、このような装飾表現が簡単に出来ます。※メタルライトを載せる際には、先端の細い面相筆やピンセットを使用してフレークが重ならないようにしてください。重なる部分が焼成時の溶着に影響を及ぼし、結果的に取れ易くなってしまいます。

勿論、上絵具の種類を鉄赤や紺青にしてみても面白いと思います。

是非ともお試しください。

 

御見積もり及びサンプルを御希望の方はお手数ですが問い合わせフォームより御連絡頂きますようお願い申し上げます。

Read More

ウィンザーシリーズ

2016年9月9日
/ /
Comments Closed

日本製白磁のウィンザーシリーズより、カップ&ソーサーを紹介致します。

こちらの商品はPAマスタークラブ第16回展示会でも現物販売致します。化粧箱付きなのでプレゼントにも最適です。

 

ティー碗皿 size H58mm

latestnews_windsor_tea1

 

コーヒー碗皿 size H83mm

latestnews_windsor_coffee1

 

お見積もり及びサンプルを御希望の方はお手数ですが問い合わせフォームより御連絡頂きますようお願い申し上げます。

Read More

メタルライト(マイカフレーク)シリーズ

2016年9月8日
/ /
Comments Closed

当社では陶絵付けだけではなく、ガラス工芸向けにも様々なアイテムを取り扱っております。今回は主に吹きガラスやフュージングで装飾用途に御使用頂けるマイカ(雲母)フレークを紹介致します。

使用方法は非常にシンプルです。例えば吹きガラスでは溶解炉から取り出したガラスにこのマイカフレークを適宜付けるだけです。陶絵付け用途では、絵具の上に添加して800℃近辺で焼成してもフレークはこのまま残ります(ただし、取れ易いのであくまでも加飾用途としてください)。その他、和紙の漉き入れにも御使用頂けます。

latestnews_metallight_image1

 

メタルライト(マイカフレーク)シリーズ

NCF-1132 Silver/size 3mm

latestnews_metallight_ncf1132

 

NCC-1132 Gold/size 3mm

latestnews_metallight_ncc1132

 

NCF-932 Silver/size 1mm

latestnews_metallight_ncf932

 

※こちらの色見本は、パソコンの閲覧環境あるいは使用環境によって色調が異なることがあります。また、このメタルライトシリーズは天然鉱石を原料としている為に、ロット間の色ブレが多少御座います。

その他、ナチュラルカラー(透明色) size 2mmと上記カラー内でのサイズ違いが一部御座います。

 

 

御見積もり及びサンプルを御希望の方はお手数ですが問い合わせフォームより御連絡頂きますようお願い申し上げます。

Read More

Emery(英)社製・陶磁器用上絵具

2016年8月29日
/ /
Comments Closed

PAマスタークラブ第16回展示会では、当社の目玉商品としてEmery社より陶磁器用の上絵具を小分け販売致します。チャイナぺインター向けに初めて紹介致します。残念ながらメーカーとしてEmery社は既に廃業しておりますが、当社ではいくつのカラーを保管しております。オールドイングランド発祥の貴重な上絵具をこの機会にお試し頂ければと思います。

Emery社について:

創設者であるR・Emeryは英国のコーブリッジにて1840年よりセラミックカラーの製造を始める。1970年代にTennantグループによって買収されるとその拠点をストーク・オン・トレントのフェントンに移す。2001年には姉妹会社であるCapper Rataud(印刷会社)と合併、”Emery Colours”という看板の名のもとに貿易関係も含めて事業を展開していた。

出典: http://www.thepotteries.org/advert_wk/108.htm

latestnews_onglaze_emery_top出典: 1907 Staffordshire Sentinel ‘Business Reference Guide to The Potteries, Newcastle & District’

カラーチャート:29色展開(有鉛耐酸)

latestnews_onglazecolor_emery_image3

※こちらの色見本は、パソコンの閲覧環境あるいは使用時の焼成条件によって色調が異なることがあります。

左上から、

Pink 6colors(code:2000, 2001, 2003, 2004, 2005, 2007)

Purple 5colors(code:2009, 2010, 2011, 2012, 2013)

Maroon 4colors(code:2006EM, 2006ER, 2007, 2008)

Blue 3colors(code:2008, 2009, 2010)

Green 2colors(code:2011, 2012)

Yellow 1color(code:2001)

Orange 2colors(code:2003, 2004)

Red 1color(code:2005)

White 1color(code:2000)

Iron Red 1color(code:2013)

Sepia 1color(code:2014)

Black 1color(code:2015)

Gray 1color(code:2016)

焼成温度:780-820℃

 

御見積もり及びサンプルを御希望の方はお手数ですが問い合わせフォームより御連絡頂きますようお願い申し上げます。

Read More

ブース出店のお知らせ―PAマスタークラブ 第16回展示会

2016年8月20日
/ /
Comments Closed

株式会社三田村商店は、2016年9月26日から27日にホテルグランヴィア大阪で開催されます、PAマスタークラブ 第16回展示会に出店致します。当社出店ブースでは、白磁・筆・絵具等の販売を行う予定です。詳細は本HPにて随時お知らせ致します。

チャイナペイントの魅力をより多く引き出せるようなアイテムを選定致しますので、近くにお越しの際は是非ともお立ち寄り下さい。

PAマスタークラブ 第16回展示会
日時:平成28年9月26日(月)~9月27日(火)
会場:ホテルグランヴィア大阪 20F 『鳳凰』                           

latestnews_exhibition_pamc_2016_top latestnews_exhibition_pamc_2016_image1

 

 

Read More

ポーセリンペインティング展(ポートレイト)

2016年8月9日
/ /
Comments Closed

ポートレイトペインティングの第一人者、古川ひろ様主宰の作品展のお知らせです。また、大道芙美子様主宰の有田焼・染付教室作品展も同時開催されます。近くにお越しの際は是非ともお立ち寄り下さい。

古川ひろ様のプロフィール及び作品展の詳細はこちらからご覧頂けます。

http://porcelain.art.coocan.jp/furukawa/profile.html

ポーセリンペインティング展(ポートレイト)
日時:平成28年9月14日(水)~9月18日(日)
会場:世良美術館 1Fサロン

latestnews_exhibition_furukawa_20160914_image1

 

latestnews_exhibition_furukawa_20160914_image1

 

latestnews_exhibition_omichi_20160914_top

 

latestnews_exhibition_omichi_20160914_image1 Read More

ノリタケアーティストクラブ名古屋教室 2016年 第23回作品展

2016年8月4日
/ /
Comments Closed

作品展のお知らせです。会期中はチャイナペイント、ポーセレンクラフト、染付け下絵体験も出来るようです。近くにお越しの際は是非ともお立ち寄り下さい。

ノリタケアーティストクラブ名古屋教室 第23回作品展
日時:平成28年9月13日(火)~9月19日(月)
会場:ノリタケの森ギャラリー(ノリタケの森内)

latestnews_exhibition_artistclub_2016_top

 

latestnews_exhibition_artistclub_2016_image1 Read More

ニューコンセプトカップ ゆらら〜yurara〜

2016年7月27日
/ /
Comments Closed

ヤマ忠木股製陶所製・ニューコンセプトカップよりユニークな白磁シリーズの紹介です。

ニューコンセプトカップ ゆらら〜yurara〜

ゆらゆら揺れるその形は様々な用途で御使用頂けます。食器としては勿論、氷を入れてカラカラ鳴らしてみたり、花を生けてみたり、キャンドルを入れることも出来ます。

チャイナペインティング・ポーセラーツといった絵付け用途にも気軽に御使用頂けます。

01. ゆらら 大 [ 10×h9cm ]

latestnews_yamachu_yurara_image1

 

02. ゆらら 中 [ 8.2×h7.2cm ]

latestnews_yamachu_yurara_image2

 

03. ゆらら 小 [ 6.5×h6cm ]

latestnews_yamachu_yurara_image3

 

04. ピッチャー 小 [ 8.2×h12cm ]

latestnews_yamachu_yurara_image5

 

05. ミルク&シロップ

latestnews_yamachu_yurara_image6

 

御見積もり及び御注文を御希望の方はお手数ですが問い合わせフォームより御連絡頂きますようお願い申し上げます。

 

 

Read More

呉須手書き白磁テーブルウエアシリーズ 軌跡〜Spur〜

2016年7月27日
/ /
Comments Closed

ヤマ忠木股製陶所の商品紹介です。当社では独創的でユニークな白磁をヤマ忠様に製造して頂いておりますが、今回はヤマ忠様オリジナルの商品を紹介致します。

ヤマ忠木股製陶所: 昭和25年、初代木股智正が小皿の生産を始め、40年代にはトンネル窯でイラン貿易用の皿、湯飲、角皿などの生産を始める。昭和60年5月より木股智洋が代表社員に就任、現在に至る。現在も主に和飲食器を中心に、生産をしつつ異業種とのコラボで食器以外の生産も始める。

主な経歴

1992年 朝日現代クラフト展

1993・1994・2005年 高岡クラフト展

2000年 グッドデザイン

 

呉須手書き白磁テーブルウエアシリーズ
軌跡〜Spur〜

こちらのシリーズはヤマ忠木股製陶所の代名詞的なシリーズで、造形としてのフォルムが滑らかで手に取った時に非常に優しい感触を与えてくれます。また、シンプルな呉須の線引きがその良さを更に引き立てます。和洋食のあらゆるジャンルで御使用頂けます。

01. 25cm 皿 [ 25×h2.3cm ]

latestnews_yamachu_spur1

 

02. 21cm 皿 [ 21×h2cm ]

latestnews_yamachu_spur2

 

03. 16.5cm 皿 [ 16.5×h2.3cm ]

latestnews_yamachu_spur3

 

04. 12cm 皿 [ 12×h2.3cm ]

latestnews_yamachu_spur4

 

05. 10cm 皿 [ 10×h2.8cm(少し深めのお皿です) ]

latestnews_yamachu_spur5

 

06. 角皿 大 [ 27×27×h4cm ]

latestnews_yamachu_spur6

 

07. 角皿 小 [ 17×16.5×h3cm ]

latestnews_yamachu_spur7

 

08. 22cm ボール [ 22×h7.7cm ]

latestnews_yamachu_spur8

 

09. 14cm ボール [ 14×h5.2cm ]

latestnews_yamachu_spur9

 

10. 9cm ボール [ 9×h3.7cm ]

latestnews_yamachu_spur10

 

11. 25cm 鉢 [ 25×h5.5cm ]

latestnews_yamachu_spur11

 

12. 19.5cm 鉢 [ 19.5×h4.8cm ]

latestnews_yamachu_spur12

 

13. 15.5cm 鉢 [ 15.5×h4cm ]

latestnews_yamachu_spur13

 

14. 長角皿 大 [ 33.5×10.7×h3cm ]

latestnews_yamachu_spur14

 

15. 長角皿 中 [ 29×8.8×h2.5cm ]

latestnews_yamachu_spur15

 

16. 長角皿 小 [ 24.5×7.5×h1.4cm ]

latestnews_yamachu_spur16

 

17. 茶碗 [ 12.2×h6cm ]

latestnews_yamachu_spur17

 

18. コップ [ 7.7×h8.3cm ]

latestnews_yamachu_spur18

 

19. コーヒー碗・ポット[ コーヒー碗9.5×h5.5cm:ポット9×10cm ]

latestnews_yamachu_spur19

 

20. 醤油さしセット[ 7.5×6.5×h9.5cm ]

latestnews_yamachu_spur20

 

21. S.Pセット [ 5×4.5×h6cm ]

latestnews_yamachu_spur21

 

22. スフレ [ 10.5×h5.6cm ]

latestnews_yamachu_spur22

 

御見積もり及び御注文を御希望の方はお手数ですが問い合わせフォームより御連絡頂きますようお願い申し上げます。

 

 

 

Read More

夏季休業日のお知らせ

2016年7月19日
/ /
Comments Closed

誠に勝手ながら当社・夏季休業の日程を下記のとおりお知らせ致します。

夏季休業日:8月11日(木)~8月15日(月)

以上、ご迷惑をお掛け致しますが何卒宜しくお願い申し上げます。

 

Read More

サンゴーマグナ

2016年7月5日
/ /
Comments Closed

三郷陶器(サンゴー)より最高級素材の白磁シリーズ、マグナを紹介致します。※当社内・在庫数に限りが御座います。

このマグナシリーズの特徴は透光性と釉面光沢が素晴らしく、色調も純白に近いです。 また、締焼時の焼成温度が1300℃と他素材と比較して高いので素材そのものの強度も高いです。

1.  15cmフルーツ皿  完売致しました。latestnews_sango_magna1

 

2.  コーヒーカップ小latestnews_sango_magna3

 

3.  ボウル大 20.6cm x 4.0cm  完売致しました。latestnews_sango_magna4

 

4.  ボウル中 17.7cm x 4.2cm   完売致しました。latestnews_sango_magna9

 

5.  フレアープレート 20.2cm x 3.5cm  完売致しました。
latestnews_sango_magna8

 

6.  楕円プレート 大 23.6cm x 31.8cm  完売致しました。

7.  楕円プレート 小 19.8cm x 22.8cm  完売致しました。latestnews_sango_magna6

 

8.  ディッシュアップボール  完売致しました。latestnews_sango_magna10

 

9.  M029 Nツバサティーポット  完売致しました。
latestnews_sango_magna11

 

10.  M031 Nツバサ花瓶(ニナリッチ)  完売致しました。
latestnews_sango_magna12

 

11.  M010 ティーポット  完売致しました。latestnews_sango_magna13

 

12.  M011 クリーマー  完売致しました。latestnews_sango_magna14

 

13.  M021 シュガーポット  完売致しました。latestnews_sango_magna15

 

14.  M033 スプーンレフト  完売致しました。latestnews_sango_magna16

 

15.  ポット  完売致しました。latestnews_sango_magna17

Read More

山内恒子様 新刊案内

2016年6月29日
/ /
Comments Closed

福岡・東京・ボストン・ニューヨークとグローバルに活躍されている山内恒子様の新刊を案内致します。

latestnews_yamauchi_newbook_top

 

latestnews_yamauchi_newbook_image2
latestnews_yamauchi_newbook_image3

 

latestnews_yamauchi_newbook_image4

山内様のお人柄がこの本にも出ていて、ハウツーも非常に細かく記載されています。

御購入方法につきましては、当社で取扱い御座いますが、以下の丸善出版社様・URLからでも御購入頂けます。

http://pub.maruzen.co.jp/shop/9784902437690.html

 

Read More

シルーレ J

2016年6月28日
/ /
Comments Closed

岸田周子様の御監修・開発の元、当社が製造・販売しております新アイテム“シルーレ J”について紹介致します。浮彫り風ペインティング技法として大変面白いアイテムです。

 

latestnews_shilrej_image1

 

浮彫り風ペインティング技法

1.下絵を描く。(図1)

latestnews_shilrej_howto_image1

 

2. シルーレ Jを水性メディウムでクッキー生地ぐらいの硬さに練ります。

3. 2)を少量取り、さらに水性メディウムを足し歯磨きペーストぐらいの硬さに練ります。この作業は花びらや葉、一枚毎に行うのが好ましいです。

4. 細い丸筆で3)をたっぷりと取り、花弁のアウトラインに沿ってのせます。(図2~4)

latestnews_shilrej_howto_image2 latestnews_shilrej_howto_image3 latestnews_shilrej_howto_image4

 

5.  平筆で4)のペーストを花弁のアウトラインから花の中心に向かってストロークします。(図5)この際、盛剤の高さが花弁の先端部分から中心に向ってなだらかに薄くなるように伸ばすことで花弁の透明感が表現できます。隣接する花弁も同様に施します。

latestnews_shilrej_howto_image5

 

6.  大きな葉はアウトラインに盛剤を載せ、葉脈に沿ってストロークします。(図6.7)

latestnews_shilrej_howto_image6 latestnews_shilrej_howto_image7

 

7.  周りの小花、小さな葉、茎も同様に施します。

latestnews_shilrej_howto_image8

注意:この技法は焼成後、亀裂や剥離の恐れがあるので、柔らかい素地に向いています。

一般の白磁に施すときは焼成テストをお勧めします。

当社ではシルーレJのパウダーを10gもしくは100gの単位で販売しております。専用の水性メディウムも御座います。

 

Read More

HPリニューアルのお知らせ

2016年6月27日
/ /
Comments Closed

平素より、三田村商店のホームページをご利用頂き誠に有難う御座います。 本日、ホームページをリニューアルしましたので、お知らせします。 今回のリニューアルでは、御利用されるお客様がより見やすく、そして有意義な情報をお伝えできるようなサイトを目指して全面的に刷新致しました。当社商品の紹介だけではなくセラミックペインティング等における技法をリアルタイムでお伝え出来るように致します。引き続きお客様のお役に立てる情報の提供、内容の充実に努めて参ります。

 

Read More
  • About us:

     当社はセラミック加飾に関するあらゆる分野でお客様のニーズに基づいた最適なソリューションを提供して参りました。ワールドワイドに選定した幅広いアイテムを提供するだけではなく、当社ならではの経験と知識に基づく技術的なアドバイスを日々の業務で行っております。
     御不明な点が御座いましたらどうぞ気軽に御連絡頂ければ幸いです。
     皆様のご期待に沿うべくご用命をお待ちしております。

     

  • Archive:

  • 利用規約

    Posted on 2016年7月1日
    当社、株式会社三田村商店(以下、三田村商店)の本ウェブサイトをご覧いただき有難う御座います。本ウェブサイトを御 […]
  • プライバシーポリシー

    Posted on 2016年7月1日
    このプライバシーポリシー(以下、本ポリシー)は本ウェブサイトを利用されるお客様に対して株式会社三田村商店(以下 […]